セキュリティポリシーSecurity Policy

株式会社青芳 情報セキュリティ基本方針

 

株式会社青芳(以下、当社)は、当社が記録・管理・保管するすべての情報資産を、事故・災害・犯罪等の脅威から守り、お客様ならびに社会の信頼に応えるべく、以下の方針に基づき全社で情報セキュリティに取り組みます。

 

本基本方針における「従業員」とは、いわゆる正社員の他、役員・パート・アルバイト・期間雇用・派遣・業務委託等、雇用形態・契約形態に関わらず、当社の業務にあたる者すべてを指します。

 

1.経営者の責任

当社は、経営者が最終的な責任をすべて持つことを自覚し、経営者主導で組織的かつ継続的に、情報セキュリティの改善・向上に努めます。

2.社内体制の整備

当社は、情報セキュリティの維持及び改善のため、情報セキュリティ対策を社内の正式な規則として定めます。

定めた規則の新設・追加・変更等の際には、必ず全ての従業員に周知徹底します。

3.従業員の取組み

当社の従業員は、当社の規則だけに限らず情報セキュリティのために必要とされる最新の知識・技術を習得し、情報セキュリティへの取り組みを確かなものにします。

4.法令及び契約上の要求事項の遵守

当社は、情報セキュリティに関わる法令・規制・規範・契約上の義務を遵守し、お客様の期待に応えます。

5.違反及び事故への対応

当社は、情報セキュリティに関わる法令違反・契約違反及び事故が発生した場合には、被害の防止・軽減・回復を最優先して適切に対処すると共に、再発防止に努めます。

 

制定日:2019年12月23日

株式会社青芳

代表取締役 青柳 修次

参考

 

本基本方針は、独立行政法人情報処理推進機構による「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン付録2」を参考にして作成しました。

 

本基本方針の作成にあたり指導・助言を行った情報処理安全確保支援士の氏名

武内 正一郎(経済産業省登録 第005819号)

 

このページの先頭へ戻る